BEAUTY BERRY

うじゃうじゃ雑記帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
フライトプラン
フライトプラン


2005年:アメリカ
監督:ロベルト・シュヴェンケ
出演:ジョディ・フォスター、ピーター・サースガード、ショーン・ビーン…

高度一万メートルの密室で繰り広げられる、恐怖のサスペンス・アクション。映画主演は3年ぶりとなるオスカー女優ジョディ・フォスターが、突然娘を奪われた母親にふんし正体不明の敵に立ち向かう。監督のロベルト・シュヴェンケは、本作でハリウッドデビューを飾るドイツ期待の新星だ。あまりに臨場感のあるリアルな設定に、客室乗務員協会(AFA)が映画のボイコットを呼びかけたほど。ジョディ・フォスターの鬼気迫る演技は必見。



ままんが観てたので一緒に鑑賞
とても面白かったです
「え? 本当に居るの? 居るよね? え、やっぱりおかしいの?」とか…
もうカイルと一緒になって周りが全然信じられなくなるのね
でも、やっぱり観てる側としては「絶対に娘は居るよね!」って確信するから、本当にジョディフォスターと同じ気持ちっていうか、入り込んで観る事が出来るなー
すっごくかっこよかったし!
面白かったです
パニックルームも面白かったし、ジョディフォスターさんやっぱり素敵だなーvv
かっこいい!
だけど犯人の動機が、ちょっと今ひとつ印象薄いかなーって…
つまりは、お金の為なのよね?
お金を手に入れたいが為に、一番犯人に仕立てやすいカイルを利用したってこと…よね?
うーんうーんこれだけ大掛かりなのに、その動機がいまひとつ…
いっそ怨恨とかもっと執着するものがあれば良かったのになー
犯人が「犯人だ!」っていう印象が薄かったのが残念…

やっぱりあのスチュワーデスさんも怪しいと思った通りだったし…だってあの人目が怖すぎたもの
脇役にしては目立ちすぎ…!



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。