BEAUTY BERRY

うじゃうじゃ雑記帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
LOTR 王の帰還
LOTR 王の帰還


2003年:ニュージーランド・アメリカ
監督:ピーター・ジャクソン
原作:J・R・R・トールキン
出演:イライジャ・ウッド、イアン・マッケラン、ヴィゴ・モーテンセン…

フロドとサムそしてゴラムは滅びの山を目指して旅を続けていた。しかし、山が近づくにつれ指輪の魔力が強まりフロドはたびたび自分を見失いそうになる。ある日、ゴラムが過去に指輪を川の底から拾いあげた仲間を指輪欲しさに殺してしまったことをイメージで見るのだが……。



これに関しては例によって長いので、興味のある方続きをどうぞ

これはねー映画館で、始まってすぐに泣きそうでした
あああこれで物語りは終わるんだー…って
なんか前2本の旅を思い返して、あと少しの旅なんだなーって
やっぱり映像が綺麗だった!

[二つの塔]から、どんどん主人公が誰だかわからなくなってきてますが、[王の帰還]では更にわからなくなってます
フロドなんだけどね…フロドなんだけど…アラゴルンとサムの男前っぷり…!
ゴラムの可愛さ余って憎さ…っぷり
可愛いんだけどねゴラム
ゴラムの今までを考えても切ないし…[二つの塔]では凄い愛せたんだけど、[王の帰還]ではちょっと憎かったです
だってサムが凄い切なくて……!!
フロドはサムを信じていくんだと思いきや、指輪の魔力に負けてまんまとゴラムの口車に乗せられて…さぁ
サムを突き放した時のサムの表情が本当切なくて、一緒に泣いちゃうんだよあれー…!
だけどゴラムの罠だとやっぱり気付いてフロドを助けに行くんだけど、フロドが死んだと思って置いてきてしまったときの「サムの馬鹿!」が可愛くて…っ!
だけどフロドを助けようと一人敵地に乗り込んでいくサムは本当に勇者です
一番の勇者です
サムが居なかったら何も出来なかったよ本当に
フロドは最後まで誘惑に負けてしまったけど、それでもそれを一生懸命引っ張りあげたサムが大好きです
称えるならフロドじゃなくてサムよね………
でもリジィは可愛いんですけどね!

[王の帰還]では本当に流れが戦争なので、痛いシーンも結構あります
映画館で観た時は気付かなかったけど、結構グロいシーンが隠れてるのね…
戦場での戦闘シーン、結構カメラワークも激しいからわかりづらいけど、かなりグチャグチャしてたり

メリーとピピンはどうしても足を引っ張ってくれるけど、憎めない子達だしやっぱり可愛い…
ファラミアもどんどん株を上げて、なんか…なにこれ、なんだよお前ら的な
エオウィンさぁ…どうよそれ
大活躍だったけど、どうなのよそれ
惚れっぽいのかなぁ
心変わりは人の世の常だから、しょうがないか

そしてレゴラスはやっぱり無傷でした
お前、一人で十分なんじゃないか!?
レゴラスとギムリの友情がいつまでも続くといいと思います
この2人も大好きだ…
旅の終わりって、どんなものでも凄く切ないんですよね
達成感と喪失感、同時にがーっと攻めてくるの
離れてしまっても、彼等の絆はなくならない事を願います
切ないなぁ

とにもかくにも、やっぱり大好きな映画です




Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。