BEAUTY BERRY

うじゃうじゃ雑記帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
おおかみこどもの雨と雪
おおかみこどもの雨と雪

2012年:日本
原作:細田守
監督:細田守
脚本:奥寺佐渡子、細田守
キャラクターデザイン:貞本義行
声の出演:宮崎あおい、大沢たかお、黒木華、大野百花、西井幸人、加部亜門、菅原文太…

大学生の花(宮崎あおい)は、彼(大沢たかお)と出会ってすぐに恋に落ちた。やがて彼が人間の姿で暮らす"おおかみおとこ"だと知ることになったが、花の気持ちが変わることはなかった。
そして一緒に暮らし始めた2人の間に、新たな命が生まれる。雪の日に生まれた姉は≪雪≫、雨の日に生まれた弟は≪雨≫と名づけられた。雪は活発で好奇心旺盛。雨はひ弱で臆病。
一見ごく普通の家族だが、生まれてきた子供たちは、「人間とおおかみ」のふたつの顔を持つ、≪おおかみこども≫だった。そのことを隠しながら、家族4人は都会の片隅でひっそりと暮らし始める。
つつましくも幸せな毎日。しかし永遠に続くと思われた日々は、父である"おおかみおとこ"の死によって突然奪われてしまった―(Amazon)




映画館で鑑賞

なんだかとても不思議なお話でした
切ないけど、あったかい感じ

不思議すぎて、いろいろと「あれはどういうことだったんだろう、どうなったんだろう」って謎が結構残ります
でもきっとそういうのを語りたいものではないのかなあ…?とか

「母性」ってすごいなあって感じもしました
母親の愛ってとても強くて、深くて、あったかくて、切ない

もっともっと掘り下げて、もっともっと色々なエピソードを色々な角度から観たいなあって思っちゃいました

Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。