BEAUTY BERRY

うじゃうじゃ雑記帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
THE JUON-呪怨-
THE JUON-呪怨-


2005年:アメリカ
監督:清水崇
脚本:スティーブン・サスコ
出演:サラ・ミシェル・ゲラー、ジェイソン・ベア、石橋凌…

東京の国際大学で福祉を学んでいるカレンは、その授業の一環で郊外の家に住む米国人一家の介護を手伝うことに。その家には軽度の痴呆を抱えた母親エマと、息子のマシューと妻のジェニファーが暮らしていた。だがその部屋に入ったカレンは、エマに襲いかかる得体のしれない黒い影を見てしまう……。
『呪怨』シリーズの仕掛け人、清水崇監督自身がメガホンを取って作り上げた米リメイク版。



どうなのコレー
途中笑いつつDVDで鑑賞
確かに怖いっちゃ怖いんだー。
間がね、日本人の間だよね。
日本人が怖がる間だよね。来る来る来る…と思ったら来ないで、あ、なんだ…って思って緩んだ瞬間に来る! っていうね。
うん、一度観たわ。これ、日本の映画館で、日本版で、観たわ。
まんまじゃない?!
えーえーえー……リメイク版っていうからさ、ちょっと期待したんですけど。
あまりにも、そのまんまじゃないですか?
ビデオ版の呪怨と、映画版の呪怨シリーズを全部足して映画版呪怨1で割った感じでした。
ていうかね、今回ブログに書く為に画像拾ってきて、気付いたんだけど、
この、パッケージの写真のね↑ 目の中に、としおが居るんだね!!
今更気付いたよ…
映画観てて、としおがかわいそうでしょうがなかったです
誰がかわいそうって、としおが一番かわいそうだと思うんだけど…
かやこじゃないよ、かわいそうなのは!
かやこは寧ろ、
アテクシ2人の男の間で揺れちゃったの、愛されるあまり殺されちゃった★ でも取り敢えず呪っとく
的なスイーツ()じゃ

としおがかわいそうなんです


Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。