BEAUTY BERRY

うじゃうじゃ雑記帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ONE PIECE エピソードオブアラバスタ
ONE PIECE 砂漠の女王と海賊たち

2007年:日本
監督:今村隆寛
脚本:上坂浩彦
声の出演:田中真弓、中井和哉、岡村明美、山口勝平、平田広明、渡辺美佐…
音楽:田中公平

グランドラインをアラバスタ王国に向かって突き進む、ゴーイング・メリー号。そこには、アラバスタ王国の王女・ビビもいた。――砂漠の国といわれるアラバスタは、悪の秘密結社の暗躍により崩壊の危機に直面。ビビは組織の正体を暴くため2年前に国を出て、やがて諸悪の根源が国の英雄・クロコダイルだと知る。そして今、ルフィ、ゾロ、ナミ、ウソップ、サンジ、チョッパーという心強い仲間を得たビビは、父親でもある国王・コブラと国の人々を救うため、いざアラバスタへ――!!



DVDで鑑賞

そもそも、わたくしワンピファンではありますが、アニメに関しては若干アンチの域にきておりましてですね
まず、アニメの彩色が許せない
尾田っちも色ははっきり使ったりしてますが、あんなパキパキした原色だらけのどぎつい塗りはしてないよ!
とか…
麦わらの一味の声はだいぶしっくりきていますが、やっぱりイメージに違ってたりとかすると…
とか…
アニメ特有のオリジナル設定やらオリジナルストーリーが苦手だったりとか…(ワンピに限らず)

やっぱり原作に勝るものなしなんですよ

だから、どうにも漫画のアニメ化ってワンピに限らずなんですが、難しいよなーって思うんですけど
ワンピやナルトに関しては顕著に出ますね、それが。
自分が物凄く原作が好きだからっていうのはあるかもしれないけど…
でも「もやしもん」とかみたいに、自分の中では大成功的なものもあるわけです

そんなアニワンアンチですが、どうしてもストロングワールドは観たくて!
絶対観たくて!
既にDVDもあるんだけど、これを観るには今までの映画を観なくては…っていう
訳のわからない自分ルールを発動させてしまいました

で、ですよ

で、これですよ



観た後の溜息といったら…

これは…何故作ったし
何がやりたかったのか、全然わかんないよ

そもそもアラバスタ編って凄い長いじゃないのよ
ちゃんとやろうと思ったら、グランドラインに入った時点からやらなきゃ駄目じゃないのよ

あまりの端折りっぷりに本気で悲しくなりました

イガラムもいない
Mr.9もいない
スモーカーもたしぎも海軍もいない
エースが…っいない…っ(号泣)
バロックワークスの面々の出番も殆ど無い
一味とBWの戦いが、ほぼ結果のみ。最後だけ見せて壮絶な戦い的な表現殆ど無い

ルフィが鰐と戦うの、なんで2回なの…なんでなの…


こんなのアラバスタじゃない って声を大にして世界の中心で言える


あまりに酷くてびっくりしました…もう一度言おう。何故作ったし

完全に
「忙しい人のためのアラバスタ」
です





Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。