BEAUTY BERRY

うじゃうじゃ雑記帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
アリス・イン・ワンダーランド
アリス・イン・ワンダーランド

2010年:アメリカ
監督:ティム・バートン
脚本:リンダ・ウールヴァートン
原作:ルイス・キャロル
出演:ジョニー・デップ、ミア・ワシコウスカ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ…

不思議の国での冒険から13年後。19歳となり、最愛の父親を亡くしたアリス・キングスレーはパーティに出席していた。それは、アリスの母と姉が極秘裏に企画した婚約パーティだったのだ。紳士から求愛されるのだが、そのときベストを着て懐中時計を持った白いウサギを見つける。混乱したアリスは思わずその場から逃げ出し、ウサギを追って再び不思議の国へと迷い込む。



映画館で鑑賞

気になってたので観てきました、衝動的に!
取り敢えず、[アバター]は観ていないので、3D初体験

最初は何だか妙な感動を感じていたんですが、まあ…侮っちゃいけないってことです…
やっぱり3Dだからリアルていうか、臨場感ていうか、迫力はありましたー

アリスが穴に落ちていくところとか、アニメ(デズニの映画のアリス)では途中で速度も落ちて
背景とかが色々かわいらしく表現されたりしていてアリスも呑気なんですが
これまた物凄い急降下!
まさに落下!
途中で木とかにぶつかるんですが、これも3Dだから、ちょっとびくってなったり(笑)

不思議の国に迷い込んですぐに白ウサギとヤマネ(アニメでの眠りねずみかな?)、ドードーとトゥイードル・ディーとトゥイードル・ダムに出逢うんですがね
まずドードーはかわゆくないし
ディーとダムもかわゆくないし(笑)
でもディーとダムは凄い愛嬌ある感じがします…良いキャラでした!
ふとパンフを見たら、ディーとダムの声をやった方、ディーとダムそのものぽいお顔をされておりました(笑)
…かわゆくないとか言ってごめんなさい

お話はアニメとは全然違って、
アリスがこの不思議の世界(ワンダーランド)(本当は、アンダーランド)
の救世主になるっていうものだったんだけど…
ていうか多分原作がこういうものなんだと思いますが、なんてったって未読

白の女王が治めていたアンダーランドが、赤の女王(ハートのクイーン的ポジションだけどちょっと違う)に
王座を奪われて支配されるようになって暗黒時代に陥り、その救世主がアリスというお話ですね。

赤の女王は怖かったです。見た目のインパクトが強かった!
かといって、白の女王もなんだか好かなかったんですが…(笑)

取り敢えず、バンダースナッチがかわゆかったです! 完全に獣でしたが。
チェシャ猫も、ポスターで見かけてた時はなんてかわゆくないんだ! って思いましたが
動いているのを観ると物凄くかわゆく見えました…不思議!

マッドハッターなジョニー・デップ
やっぱり存在感は物凄かったです

……そんな重要なキャラだったんだー…(笑)

幼い頃にワンダーランドに訪れていたアリスが、また戻ってくるのを
ずっとずっと待ち続けてたマッドハッター。
他の皆が「本当にアリス?」「違うんじゃない?」と疑う中、マッドハッターは
「あのアリスだ」と信じて、その身でアリスを守っていくんですが…

なんとなく、アリスとマッドハッターの間にロマンス的な空気を感じてしまったのは…なんだかなー…(笑)

ロマンスじゃないんですよ、全然違うんだけど…なんだかよくわからない空気だったよ…?

「カラスと書き物の机はなんで似てる?」だったかな(もうウロ;)
作中で何度もその問い掛けが出てくるんですが、結局答えはよくわかりませんでした…;
なんだろう、こういうのって向こうの、お伽話とか? マザーグースじゃないけど…そういうのに詳しかったらもっとわかるのかなあ…?
原作とも結構リンクされているんだろうけど、原作も未読なので…うーん読んでから観たらもっと楽しかったんだと思います…多分

ジャバウォッキーがかっこよかったね!
ただ、名前が出るたびにレジェンズ連想してしまって…頭の中は「リボーーーーーン!」でした…
ジャバウォック!

えーとあとなんだ、あ、スタッフロールがアハ体験でした

ところどころかわゆいシーンもあって(トランプ兵が戦争中にトランプのタワーになってたり)
世界が細かく作りこまれていたので、観る毎に新しい発見がありそうだなーって思いました

ただ…観終わった後の疲労感は半端無かったです…3Dの弊害かー!?
映画館で映画観ると首とか疲れたりするけど…かつてここまで疲れたことがあっただろうかって位に首が痛かった;
なんだか凄く疲れて隣の友達は開口一番「……お疲れ…」と深い溜息(笑)
ランドのミクロアドベンチャーとかが楽しめるのは15分とか20分程度の短い時間だからなんだろうね
2時間近くも観ているとちょっと疲れてしまうかもしれないです
慣れかなー…

でも思ったより楽しめたと思います!






Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。