BEAUTY BERRY

うじゃうじゃ雑記帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
アザーズ
アザーズ


2001年:アメリカ・フランス・スペイン
監督:アレハンドロ・アメナバール
脚本:アレハンドロ・アメナバール
出演:ニコール・キッドマン、フィオヌラ・フラナガン、クリストファー・エクルストン…

古屋敷内の霊的な恐怖を描くゴシック・ホラー。1945年、第2次世界大戦末期の英国、チャネル諸島のジャージー島。グレース(ニコール・キッドマン)と、アレルギー体質のため太陽光線を浴びることのできない娘アン(アラキナ・マン)と息子ニコラス(ジェームズ・ベントレー)は、広大な屋敷の中で親子3人の閉ざされた日々を送っていた。そんなある日、ミセス・ミルズ(フィオヌラ・フラナガン)と言葉を喋ることのできないリディア(エレーン・キャシディ)、庭師のミスター・タトル(エリック・サイクス)が、使用人として招き入れられる。まもなく屋敷の中で、他人の足音や話し声が響き渡り、ピアノが独りでに鳴りだすという怪奇現象が頻繁に起き始める。



外国のホラーを観る度に思うんだけど、アメリカの「怖さ」って、「びっくり」とか「痛い」なんだよね

わって驚いたり、血がドバーッて出たり、思い切り痛い表現で見せてみたり
日本は、ぞっとするっていうか、じわじわ迫られるっていうか
観終わった後で、何にも無い壁が気になったり部屋の隅が気になったり
想像力があれば、どこまでも怖くなれる怖さがある感じ

これもね、びっくりする怖さ
一度観れば慣れちゃうんです

最初観た時は映画館で友達と観たんだけど、映画館の椅子って横に繋がってるじゃないですか
一番びっくりするシーンで、あちこちで椅子がガターンって揺れたの
でもってその後、やっぱりあちこちでクスクス笑い声が
皆びっくりしたのね
そして恥ずかしくて思わず笑っちゃったのね
その時は凄く楽しかったんだけど、それって結局一度きりしか楽しめないのよね!
だって一度観たらもう、わかっちゃってるんだもん
驚くポイントが

何度観てもぞっとする映画っていうのがいいなぁ




Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。