BEAUTY BERRY

うじゃうじゃ雑記帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ヱヴァンゲリオン 新劇場版:破
ヱヴァンゲリオン 新劇場版:破

2009年:日本
総監督・原作・脚本:庵野秀明
監督:摩砂雪、鶴巻和哉
キャラクターデザイン:貞本義行
声優:緒方恵美、林原めぐみ、三石琴乃…

新キャラ・新エヴァなどの斬新な要素だけではなく、
未知の展開に対応したデジタル時代のエヴァ映像も「破」の大きなみどころである。
第1部「序」前半では過去の作品をベースに大胆なCG映像を加えてリビルドし、
さらにクライマックスとなる「ヤシマ作戦」では過去と根底から異なる新作映像を提示して、大きな反響を得た。
この成果をふまえて、第2部「破」では実証済みの「エヴァ独特のデジタル映像使用法」をより発展させるべく、
大きく方針を変更。原画など既存素材の流用にこだわらず、完全新作をベースに制作が進められている。
大量に描き起こされたデザインと設定。
洗練されたCG技術も増量され、新たなイメージを具現化している。
エヴァはビジュアル面でもさらに進化し、次の段階へ向かっている。
物語・映像の両面から、「序」で再構築されたはずのあらゆる事象は土台を失っていったん倒壊し、
新劇場版は混沌の中から《未来》に向けて刷新されていく。
それはまさにエヴァだけが可能とする行先不明の《ライブ感覚》。いま、大転換のための幕があがる。
押し寄せる戦慄の感覚。それはまさに「破」なのである!
(公式サイトより)



ということで観てきたのですよ!

うあぁん泣けた! 泣けたよ!

ぐがががかなり良かった…

アニメ版をまだ観ていないので、新キャラとかに関しては特に感想もないのですが
結構受け入れられてるぽいですね
終えてから一緒に観た友達と話してたんですが

友達の推察では
「アニメ版とは並行世界的な感じで動いてるのじゃないか」

リンクする部分と、かなり異なる部分とがあるそうで…
あの、映画だと使途にのっとられちゃう? のはアスカだったけど、
アニメだとあれはトウジの役だったそうで

バスケをしながら「誰が乗るんだろう」って話をしてるシーンはアニメにもあったそうですが
今回、トウジの食べてたアイスの棒がハズレなんだよね
「はずれか」ってトウジが言うところで
「今回はハズレ」っていう解釈

ラストのカヲル君の「今度こそ君だけは幸せに」みたいなセリフも平行世界を思わす感じなんだよね

って話してくれました

あああああなるほど

ひぐらしみたいな?

ということで、私は映画を全部観終えてからアニメを…って思ってたんだけど
どうやらこれは先にアニメをきちんと観た方が良いようです!!!
ということで、きちんと予習していこうと思いますっ
アニメ版の方がシンちゃんの欝ぷりは相当らしいんだけど…逃げちゃ駄目だ!

ちょっと観てくる!





Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。