BEAUTY BERRY

うじゃうじゃ雑記帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ブレイブワン
ブレイブワン


2007年:アメリカ、オーストラリア
監督:ニール・ジョーダン
出演:ジョディ・フォスター、テレンス・ハワード、ニッキー・カット、メアリー・スティーンバージェン、ジェーン・アダムス、ナヴィーン・アンドリュース…

ニューヨークでラジオ番組のパーソナリティを務めるエリカは、婚約者デイビッドと愛犬を連れて散歩中に3人組の暴漢に襲われる。瀕死の重傷から目覚めたエリカはデイビッドの死を知らされ、絶望の淵へ突き落とさる。やがて彼女は、自分で我が身を守るしかないと一挺の拳銃を手に入れる。ある時、偶然入ったコンビニの中で銃殺現場に遭遇、自分も狙われたエリカはとっさに銃の引き金を引くのだった…。



DVDで鑑賞

こういうのちょう考えてしまうんです
どうなのかな、これ!

家族とか恋人とか、親友でもいいよね、自分にとって唯一無二な存在を殺されてしまったら
その犯人がのうのうと暮らしてるって思ったら絶対許せないし
捕まらないなら警察に任せておけないって思うし
法律で殺せないなら自分の手で殺してやりたいって、
やぁ、私はそんな目にあったことが無いから、断言できないけど、わからないけど
でもそんな風に思うんじゃないかな
皆、そうなんじゃないかな

だけどさ、それをやってしまったら自分もその犯人と同レベルになっちゃうよね
それは嫌じゃないかなって思うんだけど
そんなことも考えられなくなっちゃうんだろうけど

わかるんだけどさぁぁ
でも、それは正当化されちゃいけないことじゃない
勿論正しいとは一言も言われていないけど、だけど最後にこの人は捕まらなきゃいけなかったんじゃないのかな
復讐は果たしても、自分も罪を負っているんだから、復讐を果たした者としてその罪は償わなきゃいけないんじゃないかと、思うのですよ

あ、わからなくなってきたぞ

いやぁだからね、あの刑事さんはあんなに自分の信念を主張した存在で出てきておいて、彼女が犯人だってわかった時点で彼女に「自分の親友とかが罪を犯したら、捕まえる覚悟を持ってたい」みたいな、間違ってるかもだけどそんなような話もしてるじゃないですか
貫いてほしかったわー!
それは駄目だよ、それは貫かなきゃだめだよ
あああ何も救われないじゃない

なんか、もやっとする映画でした




Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。