BEAUTY BERRY

うじゃうじゃ雑記帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
それでも僕はやってない
それでも僕はやってない


2007年:日本
監督:周防正行
出演:加瀬亮、もたいまさこ、光石研、高橋長英、小日向文世、本田博太郎、役所広司、山本耕史、鈴木蘭々、瀬戸朝香…

会社の面接に向かう途中の電車の中で、女子中学生から痴漢に間違われた金子徹平。駅員にも警察官にもまったく話を聞いてもらえず「すぐ終わるから」と乗り込んだパトカー。しかし、それは長く困難な運命の始まりだった。頭ごなしに刑事に怒鳴られ、当番弁護士も親身になってくれない。母親がようやく探し出してくれた弁護士・荒川と須藤に勇気付けられ否認をし続けた徹平だったが、検察が起訴し、とうとう法廷で争うことになってしまう。



テレビ版で観賞

物凄く苛々しながら観たんだけど、悔しくて泣けてくるし、でも凄く怖いと思いました
本当に日本の裁判ってこんななの?!

痴漢って、本当に許せないです
私も遭ったことあるけど、凄くショックだし腹立たしいし、絶対捕まえてやる…! って思うもの
でも、満員電車とかでは実際、本当にこいつかー?! ってわからないことってあるとも思うのね
満員電車での痴漢は遭遇したことないんだけど…ていうか満員電車に乗らないから
痴漢は許せないけれども、冤罪も許せないよね

ふと、私の身の回りの男の人が痴漢ですって捕まったら…って考えました
その人が「やってない」って主張してたら
信じられるのかなーって思って、一人一人考えてみました
でもぱっと思い浮かぶ周りの男の人に、痴漢しそうな人は居なかったよ!(笑)
その人の主張を信じられる気がするなーって思いました
だけど、裁判は違うものね

全然知らない男と女が目の前に居て、女の人が泣きながら痴漢に遭ったショックとか怖さとか憤りを訴えてて
男の人が「やってないよ」って言ってたら

わかんないよなぁぁぁぁ……………

でも裁判は公平じゃなきゃいけないはずなんだけど
裁判官、有罪って書く練習ばっかりさせられるぜ…っていう話は本当なんですか?!





Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。